【需要が高い職業】保育士の資格は大学で取得しよう

合格までのルートと流れ

計算する人

公認会計士資格は受験に制限がなく非常にオープンですが、合格者は10%に満たない厳しい数値となっています。申し込むには書面による出願とインターネット経由での出願がありますので、都合の良いほうを選択しましょう。

詳しく見る

国家資格を有するために

女性

公認会計士試験は国家資格の中でもかなりの難易度ですが、参考書をしっかり読み込んで解答速報による最新の情報を得たうえでそれを暗記すれば安心して試験に臨めます。最新の過去問ををしっかり入手することでより納得できる受験に仕上げることが可能です。

詳しく見る

メンタルヘルスに関して

男女 マネジメント関連の資格は、様々なものがあります。最近では、ストレス対策などに関するメンタルヘルスマネジメントなどの資格が人気となっています。こうした資格を取得することで心の健康を管理することも可能となっています。

詳しく見る

専門の学校で学ぶ価値

保育士

大学や短大で保育士の勉強をすると、学生の間に保育園で実習ができたり、保育のプロから直接指導を受けることができます。学費はかかりますが、専門の学校で資格を取ると、複数の資格が取れたり、幅広い知識が学べて大変有利です。

詳しく見る

勉強の方法

女性

数ある資格の中で、公認会計士も人気のある資格の1つだと言えます。公認会計士になるには試験を受けて合格する必要がありますので、対策をしっかりしておきましょう。また、勉強の仕方でかかる雇用も異なりますので、確認しておいてください。

詳しく見る

子供が好きな人には天職

先生と子供

少子化でも働き口ある

保育士になるには国家資格を持っている事が絶対条件です。この資格は、国が定めている大学や短大などの養成施設を卒業すれば、卒業したタイミングで自動的に受け取る事が出来ます。また、専門学校でも同じように卒業するだけで資格取得が可能です。社会人が保育士になりたいと考えた場合、こうした大学に通わなくても国家試験を受験する事は可能ですが、保育士資格の合格率は非常に低く10%?20%に過ぎません。ですので、一般の社会人から保育士に転職する時は、2年制の短大か専門学校に入る方が効率的です。保育士といえばピアノとイメージする人も多いでしょう。やはり、ピアノの技術は必要なようで大学でもピアノの授業が実施されています。しかし、難しい曲を弾けるような特別な技術を求められているのでは無く、童謡などの簡単で誰でも知っている曲を弾ければ問題ありません。職業として保育士の道を進むとなると、心配なのは将来性です。日本では、少子化が年々進み子供の数が減り続けています。このような状態で、長ければ定年までの数十年を食べていけるのだろうかと不安になるのは当然です。しかし、子供がいる以上、この職業の需要は存在します。現に子供が減っている今でも、都市部を中心に保育士不足が深刻化しているのです。その理由は、保育士の多くが女性である事と労働環境にあります。女性の保育士は結婚、出産のタイミングで退職してしまい、その後仕事復帰しないケースが多くあります。仕事に復帰しない理由は、重労働で低賃金という労働環境の悪さが影響していると考えられます。ですが現在、国を挙げて労働環境の改善が進められているので、これから大学を卒業し保育士として就職を目指す人は、比較的良い環境で働けるかも知れません。