【需要が高い職業】公認会計士の資格を取得しよう

子供が好きな人には天職

計算する人

保育士になるには国家資格に合格する必要がありますが、国が定めている大学や短大を卒業するだけでも資格は得られます。少子化が進む現在でも都市部を中心に、保育士不足は深刻なので、需要の高い職業と言えるでしょう。

詳しく見る

国家資格を有するために

女性

公認会計士試験は国家資格の中でもかなりの難易度ですが、参考書をしっかり読み込んで解答速報による最新の情報を得たうえでそれを暗記すれば安心して試験に臨めます。最新の過去問ををしっかり入手することでより納得できる受験に仕上げることが可能です。

詳しく見る

メンタルヘルスに関して

男女

マネジメント関連の資格は、様々なものがあります。最近では、ストレス対策などに関するメンタルヘルスマネジメントなどの資格が人気となっています。こうした資格を取得することで心の健康を管理することも可能となっています。

詳しく見る

専門の学校で学ぶ価値

保育士

大学や短大で保育士の勉強をすると、学生の間に保育園で実習ができたり、保育のプロから直接指導を受けることができます。学費はかかりますが、専門の学校で資格を取ると、複数の資格が取れたり、幅広い知識が学べて大変有利です。

詳しく見る

勉強の方法

女性

数ある資格の中で、公認会計士も人気のある資格の1つだと言えます。公認会計士になるには試験を受けて合格する必要がありますので、対策をしっかりしておきましょう。また、勉強の仕方でかかる雇用も異なりますので、確認しておいてください。

詳しく見る

合格までのルートと流れ

先生と子供

試験の申し込み方法

公認会計士は、受験資格に年齢も学歴も関係のない非常にオープンな資格です。一般的には、高校卒業後に公認会計士試験を受けるルートや、大学や短大、専門学校などを卒業してから試験を受けるルートが多いでしょう。会計大学院を経て資格試験に望むルートもあります。いずれも一次試験、二次試験に合格した後、実務を経て三次試験に合格して初めて資格を取得出来ますので、決して容易ではありません。筆記試験は毎年行われていますが、合格者は毎回10%に満たないほど厳しい数値となっています。試験に申し込むには、指定期間内に受験願書の配布を受けて、出願する必要があります。現在、書面による出願とインターネット出願とが認められていますので、都合の良い方法で申し込みましょう。願書配布期間中に、財務局理財課等及び公認会計士・監査審査会事務局で配布を受けるか、インターネット経由で自分でダウンロードします。書面は郵便で請求することも出来ますが、返信用封筒などの準備が必要です。また、書面による出願は簡易書留などによる送付が必要なので、財務局などに直接持ち込んでも受理されませんので注意しましょう。インターネット出願は、公認会計士・監査審査会ウェブサイトの出願サイトにアクセスして提出します。ただし、なんらかの免除を受ける場合はインターネット出願が出来ない場合がありますので、事前に確認が必要です。受験手数料は、書面の場合は所定の収入印紙を貼付、インターネットの場合は電子納付のみとなります。