平均を知る

還元率の高さが、適正価格の秘密です。

美容整形外科の低価格化が話題となっていますが、 プチ整形の代表とも云える二重埋没法を例にあげてみますと、 全国平均し、1〜20万円となっています。 埋没法はメスを使わないものですが、メスを使用するタイプのものだと、 20万円〜40万円が平均となりますが、目白ポセンシアの場合はどうなのでしょうか。 目白ポセンシアと云う医院では、埋没法では98000円、切開法では270000円となっており、どちらも平均範囲内ではありますが、決して安くはない、つまり適正価格なのです。そして目白ポセンシアと云う医院が他院と違うのは、この手術価格の源となる部分においてです。 派手な宣伝広告、派手な内装、それらの経費を削除し手術に還元させたもの、 それがこの目白ポセンシアの価格設定であり、丁寧さとダウンタイムの少なさに定評のある手術が安く出来る事へと繋がっているのです。

手術内容だけではない、その素晴らしいサービス。

海外の患者も多数抱える目白ポセンシア、 広告宣伝もしないこの医院がなぜそこまで重宝されるのでしょうか。 そこには手術技術だけではない、目白ポセンシアの強味がありました。 関東圏以外の来院患者の交通費を負担すると云う話は有名なものですが、 仕事で忙しい人の為に時間外手術をしてくれる事もそうです。 勿論午後7時までに来院しておかなければなりませんがそれでも、そうした時刻から手術を請け負ってくれる美容整形外科はなかなかありません。 こうした時間外手術を希望される方は忙しい身な訳ですので、 術後のダウンタイムも短い事が鉄則です。 その点そうした手術後のダウンタイムの少なさに定評のある目白ポセンシアが多く選ばれるのは、納得の形だと云えるでしょう。