【需要が高い職業】保育士の資格は大学で取得しよう

勉強の方法

女性

かかる費用も様々です

国家資格にも色々ありますが、その中で人気がある資格に公認会計士があります。公認会計士になるには資格を取得する必要がありますが、その試験は、大変難しいことでも知られています。ご存知の方もいるでしょうが、この試験の合格率は10%を切っています。平成24年度の試験を例に取ってみると、願書を提出した方が17,894人だったのに対して、最終合格者は1,347人となっており、合格率を計算すると7.5%程度になります。このように合格率が低いので、これから公認会計士試験を目指す方はしっかり対策する必要があります。さしてその対策が、専門学校と通信講座になります。専門学校と通信講座には様々な種類がありますので、自分に合った方法を選択しましょう。以上の方法で学ぶことになりますが、初めての方はその費用が気になる方も多いはずです。それぞれの方法で学ぶと、どの程度の費用がかかるのでしょうか。最初に、民間の専門学校で学ぶケースから見てみましょう。こちらは、入学金、授業料、そして授業で使用するテキスト代などがかかりますが、それらを合わせると、総額で60万から200万円程度になります。もちろんそれぞれの学校によって異なりますので、事前にしっかりチェックしておいてください。専門学校は同じ目的を持つ仲間と勉強できると評判です。次に通信講座ですが、こちらは通学タイプの専門学校よりかかる費用は低いです。実際にかかるのは、テキスト代と添削料程度ですので、数万円程度を見ておくといいでしょう。通信講座は自分のペースでできると評判です。このように公認会計士の資格取得に必要な費用の相場は、学ぶ方法によって異なります。また、れぞれに特徴、評判があります。