【需要が高い職業】保育士の資格は大学で取得しよう

専門の学校で学ぶ価値

保育士

現場で必要な知識が学べる

保育士は国家資格であるため、国家試験に合格するか、保育について学べる学校へ行って、単位を取得する必要があります。個人で国家試験に臨むことも可能ですが、できれば学生時代に実習を行い、保育士として必要な能力や知識を、専門の講師から学ぶことをお勧めします。保育士の資格が取得できる進学先には、短大や国公立大学、専門学校など、様々な道があり、それぞれで特徴や違いがあります。どの学校でも、学生の間に保育園で実習を行うため、実際に子供たちと接したり、保育士の仕事の様子を生で見たりする事ができるなど、将来に役立つ体験をすることができます。また、学校の講師は、元保育や、子供の成長に関するプロであるため、子供と関わる際に大切なことを直接学べます。自分で勉強するより学費はかかりますが、将来、保育士として仕事をするに当たって、実際の現場を体験できたり、プロの指導が受けられたりすることは大変有利です。大学や短大で保育士の資格を取ると、一緒に幼稚園教諭や小学校教諭の免許、また福祉に関する資格が取れる学校があります。ほとんどの短大で、保育士の資格と幼稚園教諭二種免許が取得でき、卒業後は保育園と幼稚園、どちらでも就職することができます。また、四年制大学では、保育士資格と共に、幼稚園教諭一種免許が取得でき、二種よりも給料や役職の面で優遇されています。最近では、保育園と幼稚園の垣根がない「認定こども園」に変更する園が増えており、保育士と幼稚園教諭、両方の役割が求められてきています。このような現状もあり、大学や短大の卒業と同時に、二つの資格を取ることは、就職に有利に働き、待遇面でも期待が持てます。国公立に比べると、短大や私立などは特に学費がかかりますが、将来の働き方を見据えて、先行投資することは、大変必要な事です。